ファンキーハーレムBLOG
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思いのほか、仮面ライダーディケイドが面白い件。
いや、1話は始まるのすっかり忘れててまだ観てなかったりするのですが。
ディケイド、意外にというか、かなりワクワクしながら観ております。

平成ライダー勢揃い、全てのライダーを破壊する悪魔ディケイド、
オリジナルキャストではない平成ライダーズ、そして恒例の、かっちょ悪いデザイン^^;。
観る前はもう、全然こりゃダメだわいと思っていたわけですけども・・・。

またしてもやられましたなぁ。いや観ててワクワクしますよ。
動くとディケイドは意外に格好いい。
1~3話、そしてどうやらこれからもクウガはレギュラーとしてディケイドと共に戦う
ようだけど、オリジナル・クウガの大ファンであるボクが観てもこのクウガは受け入れられる。
「まったく別物」として扱っているのは、却って大正解だと思う。
違うキャラクターとして観れて、ディケイドの世界観に溶け込んでいて、
意外に(というと失礼だが)白倉P以下スタッフはクウガも尊重してくれてるんだなぁ、
と痛感した。その気遣いはとても感じる。

全てのライダーを倒す、というのもお話をちゃんと観れば、どうやら黒幕がいて、
ディケイドと他のライダーを戦わせるために濡れ衣?を吹いて回っているだけ
といった感じだし、実際にはパラレルワールドで各ライダーと夢の競演を次々と
行っていくという華々しい展開。スパロボ好きにはたまらない、オールスターの
お祭り騒ぎなんだよな。
悪役側にはこれまでのシリーズでライバル的なキャラクター、カイザ、キックホッパー、
パンチホッパー、シルエットだけだけどタイガ等を配しているのも心憎い。

これはオリジナルがどうだとか、難しいことは頭のスイッチをオフにして
楽しむべきものだろうと思えますね。


・・・そういえばオリジナルキャストでの競演、例えば昭和ライダーとか、ウルトラでの
メビウス劇場版とかと比べて、ともすればパロディー的に旧作を扱うディケイドに
良い印象を持てないと言った方もいるとは思うんですが・・・。

ボクは逆に、特撮ものでこういう全員集合のあり方は「アリ」と感じましたね。
オリジナルキャストが出てくれるとそれはそれで嬉しいんですが、「それだけ」に
なってしまうことも多かったと思うんですよね。キャスト>作品という感じになってしまう。
特にウルトラシリーズなんかでは、どうしたってオリジナルキャストはおじいちゃんです
からね。アニメやゲームなんかだとそういう配慮は欲しいところだけど、実写では
やっぱり厳しい部分もあるな~というのはありますよね(といいつつ、メビウスは
アレはアレで大好きなんだけど)。
それに、顔出しのない悪役ライダー、カイザやキックホッパーなんかは声だけでも
オリジナルキャストを使っていたり、旧作へのリスペクトは充分に感じていたりする。

ディケイド、十分アリですよ。毎週楽しみにしたいと思います。

・・・そうそう、シンケンジャーも面白いね。レッド=殿、って発想はこれまた最近は
なかった発想。デカレンジャー等、最近のレッドは猪突猛進型が多かったけど、
冒険レッド以来のリーダーらしいリーダー、しかも殿、ってのはここまでやるのは
却って珍しい。「電王」の小林靖子脚本だし、サイキックラバーのOPもやっぱり
いいし、こちらも楽しみ。う~、日曜朝が待ち遠しい状態がまた帰ってきたね。
スポンサーサイト
ウメコ
blog28.jpg


BBSでモンさんとお話し中に出ていたウメコのイラスト(途中経過)。
放置気味のエマージェンシー!のトップ絵用に描いてたんですが・・。
随分前の絵で、完成前に中断した所為で今見ると納得いかない部分が多々
見つかってしまい、描き直すかこのまま完成させるかで迷っております。
描き直してもこれよりよくなるとは限らないんですよね・・・。

絵をある程度寝かせた場合、ほぼ必ずと言っていいほど描き直したくなります。
でも大抵描き直しても、最初に描いた勢いは上回らず、結局思ったように
描けずに自信喪失・・・という悪循環に入ってしまう事が多々あります。

どうしようかなぁ・・・。
響鬼って終わったんだね。
素で忘れてました。恋する鯖あたりで絶望して、見続ける事を
断念していたので・・・。
風評を見るに相当ヒドイ最終回だったようで・・・。
いずれ冷静な目で見る事もあるかと思って30話以降もHDDに
録り貯めてはいるのですが、さてさて、見られるかどうか。
キャストとスタッフが現場で直したというラストシーンだけでも
見ておくかな、と思ってます。

それにつけても。

http://www.tv-asahi.co.jp/hibiki/06_takeshi/index.html

ここまで役者に言わせてしまうプロデューサー、脚本家、監督って。
細川さんだってこの発言がどういう意味を持つのか分かっているはず。
そのリスクを背負ってでもこのコメントを残さざるを得ないなんて。
そこまで追いつめられてしまったなんて。ツライ仕事だったでしょう。
それでもやり遂げなきゃイケナイのが大人の仕事ってモンですが。
何となく共感してしまいました。
そういう意味では、キャストが奮闘して作った30話以降。
ボクも心の余裕を持ってみるべき時なのかも知れないですね。

響鬼のDVD、6巻は買ってきました。まだこのころは高寺Pの
作風。
7巻には高寺P担当最終回、29話まで入れて欲しかったですが・・・。

7巻は25~28話。8巻に29話・・・orz
まぁ、そんな事分かるような奴らだったらこんな路線変更しないわな。

竹書房を見習え。
http://www.takeshobo.co.jp/html/shousai/shou_t.asp?denpyo=5513501
早速買ってこよう。


プロフィール

Shu-Z

Author:Shu-Z
Shu-Zです。
ビキニ絵描いてはや8年。現在絵も描きつつ、マンガも描こうと苦闘中。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。